1月25日金曜日、霧島市学校保健会のお招きで、第2回霧島市学校保健会研究協議会で講演させていただきました。

 演題は、〔子どもの心を支える接し方  ~子どもの心に寄り添い育むために~〕 

私自身の子育ての経験や、スクールカウンセラーや医療現場での経験を交えながら、ストロークの大切さをお話ししてきました。

 参加対象者は、学校医、学校歯科医、学校薬剤師、PTA関係者、教育委員会関係者、小学校・中学校・高等学校関係者・・・という霧島市全域にわたる大々的なものでした。

 これまで、講演といっても、30人前後の小規模なものがほとんどで、(たまには90名ということもありましたが)、参加者の間をうろちょろしながら、相互交流を大切にしたスタイルでやっていたので、かなり戸惑いました。一方通行の講演は、やっぱり、私の性に合いませんね。しかし、ストロークという認識の無かった方がほとんどでしたので、好評をいただき、メッセンジャーとしての役割は果たせたかな、と思っているところです。

 その4日後、PHSの留守電に、「妻鹿(めが)です・・・・」という、思いがけないメッセージが。私は、高校時代陸上部でしたが、その時の監督(体育教師)の、妻鹿功先生の声でした。

 妻鹿功先生といえば、鹿児島の体育教育関係者では知らない人はいないくらいの超有名人です。私は不詳の弟子でしたが、優秀な選手を多数育成されていらっしゃいます。その妻鹿先生が、なぜ・・・・?

 慌てて着歴番号にかけ直しました。そこは、NPO法人・隼人スポーツクラブというところで、現在は、そこの理事をされていらっしゃるということでした。

 先生がおっしゃるには、(鹿児島弁で再現します)

「あんたは、霧島市で講演をしたでしょう? そこに、うちの娘が行ってたのよ。 娘が帰ってきて、今日はいい話を聞いたって言うもんだから、どんな人だったの?って聞いたら、千石久美子 って 言うじゃないの。 もしかしたら、同姓同名かもしれないけど、あんたかもしれん・・・ と思って、教育委員会の人にきいて、番号を教えてもらったのよ・・・・」 ということでした。

 高校卒業後、しばらくは、帰省するたびに母校を訪れ(弟が在校)、ご挨拶をしたりしていましたが、先生が転勤されてからは、音信も途絶えておりました。

 陸上部の後輩が、弟と親友だったので、弟をとおして、近況等は聞いたり、新聞紙上でご活躍を拝見したり、娘の小学校の担任が妻鹿先生の指導を受けていたりと、間接的には情報を得ておりましたが、直接話をしたのは、25年ぶりくらいでした。

 本当に思いがけなく、あまりの懐かしさに、思わず高校時代にワープしてしまいました。近況をご報告したところ、励ましのお言葉をいただきました。

 実は、千石は旧姓です。 だからこそ、先生が気づいて下さいました。 コラソンを立ち上げた目的の一つに、フィールド活動がありました。 旧姓の方が、ネットワークが広いと判断し、また、私の個人としてのアイデンティティは千石なので、コラソン立ち上げと同時に旧姓で活動を始めたのです。 当初は、「えっ、離婚したの?」と、本気で心配された方もいらっしゃいましたが・・・・・。

 このような、うれしい再会を願いながら、再会を喜んでもらえるような活動を、これからも続けていきたいと思っているところです。

鹿児島県 第1号の BCBファシリテーターとなりました。
臨床心理士としての活動の中で、幅広く、活用していきたいと思っております。
どうぞ、よろしく、お願い致します。
千石 久美子

広島大学 総合科学部
  (行動科学専攻) 卒業

臨床心理士
BCBファシリテーター(Breaking
  the Communication Barrier)
メンタルケア研究会・コラソン代表

H7年~
  鹿児島心のケア研究会にて、
  心理臨床を学ぶ
H9年~
  鹿児島心のケア研究会
   ・相談室勤務
H14年~
  心療内科勤務
H17年10月
  メンタルケア研究会・コラソン
  設立

《現職》
・南風病院 委託心理士
  (EAP及び対人援助
   スキルトレーニング)
・鹿児島県委託スクール
  カウンセラー (H17.4~)
・行政関連委託相談員
  霧島市・・
     女性のための無料相談
  母子寮・・DV被害者支援 等

・各種セミナー講師
  小・中学校 家庭教育学級
  小・中学校 職員研修
  子育てセミナー
     「ぶらんこ」主宰
  学校保健会 養護教諭会
    ・・・など

《所属学会等》
日本心身医学会
日本行動療法学会
日本フェミニスト
   カウンセリング学会
日本交流分析学会
日本臨床心理士会

カテゴリ

BCBブログメンバー一覧は、http://www.bcb.jp/facili/bloglist-main.html
へ。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

サインイン